一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

<アローンだがロンリーではない。野球を追いかける紀行エッセイ>

この作者の初のエッセイを読み終えました。
面白かったです。野球が大好きなんですね、この作者。
野球場が好きで、必ず、映画館とマッサージをするという作者の姿が垣間見れて嬉しくなります。そして、小説の作風と悩みも出てきて、作家というのも大変だなーとつくづく思いました。

そんな作者が好きなのが野球。野球好きのわたしとしては、これは随所にうなづける場面あり。そして、わたしのご当地、広島もあり、これは本当にいいエッセイです。

意外だったのは奥田さんって意外(失礼)とオシャレなのですね。
野球シーズン間近。いい時期にいいエッセイを読むことができました。
ああ、わたしも野球を追いかける旅をしてみたい。そう思います。

そして今年も球場に足を運ばなくてはとそう思う絶妙の作品です。
「泳いで帰れ」「港町食堂」も読まなくてはなのです。

野球の国
野球の国
posted with 簡単リンクくん at 2006. 2.26
奥田 英朗著光文社 (2005.3)ISBN : 4334738419価格 : ¥500通常24時間以内に発送します。

<何かをやりはじめなければ、何の意味もないんだから。カーリング女子日本代表チームの実話>

高校最後の夏休み、将来を考える時期に、何も考えられない和子。ふとカーリングに興味をもち、同級生たちとチーム結成をする。その名も「シムソンズ」。日々の練習の末、カーリングは遊びではなく、世界を目指すことを誓い合う競技になる。

トリノ五輪もさまざまな感動を残して閉会しました。
日本選手のメダルは、1つのみでしたが、スポーツのもつ感動は伝わってきましたね。
選手の4年間の努力がこのスポーツの祭典にあります。選手のみなさん、お疲れ様でした。

そんなオリンピックのわたしの注目度NO.1は「カーリング女子」でした。
チームの主軸、小野寺さんをはじめ、3人は北海道常呂町出身。常呂町はカーリングの町で人口の5分の1が競技しているという。
経済的な理由もあり、青森のチームで頑張っている。
そんな小野寺さんも出場した、前回ソルトレーク五輪のチーム「シムソンズ」をテーマにした映画も公開されています。
応援していたのですが…、残念ながら予選リーグで敗退してしまいましたね。
しかし大健闘です。強豪国を破り、日本チームのレベルの高さを見せてくれました。またカーリングというスポーツの奥深さにも見せられました。

この本は映画の原作本でもあります。
映画の方はトリノ五輪の活躍で、人気を集め、動員数を着実に増やしているとか。わたしも見に行きたいのだが。まさに映画本。

映像の方がより感動は伝わるのではないでしょうか。もう少し競技の場面があれば良かったと思うのです。
4人の高校生がカーリングというスポーツを通じ、友情と結束と将来を賭けていく。そんなスポーツの全てが入っている本でした。
それにしても常呂町に行って見たい。

シムソンズ
シムソンズ
posted with 簡単リンクくん at 2006. 2.15
森谷 雄著ポプラ社 (2005.12)ISBN : 4591089762価格 : ¥1,260通常24時間以内に発送します。

<不思議であやしく、どこかで起こっているかもしれない物語集>

村上春樹さんの作品を初めて読みました。
奇妙で不思議な短編集。

うーん、村上作品はもう少し読まないとわからないですね。
いい味わいの作品集なのですが、わたしとしてはもう少し毒があってもいいのではと思いました。少し物足らないというのが正直なところです。

東京奇譚集
東京奇譚集
posted with 簡単リンクくん at 2006. 2.18
村上 春樹著新潮社 (2005.9)ISBN : 4103534184価格 : ¥1,470通常24時間以内に発送します。

<日常に忍び込む戦争の恐怖、戦争とはこういうものかもしれない>

三崎亜記の「となり町戦争」を読み終えました。ひたすら怖い。感じない戦争だけど着実に戦争に巻き込まれている一人の青年。
戦争とはこういうものかもしれない。

となり町戦争
となり町戦争
posted with 簡単リンクくん at 2006. 2.13
三崎 亜記著集英社 (2005.1)ISBN : 4087747409価格 : ¥1,470通常24時間以内に発送します。

<容疑者の空白の二日とは。感涙すること間違いなしの傑作>

左の数字は今年読み上げた、本の数です。右側の★は5点満点での評価です。
今年の16冊までは徐々にUPします。
詳しい感想は、後々こちらのブログにUPします。

さて「半落ち」の感想を一言でいえば、ラストがなかったらここまでの評価はなかった。ラストまで引っ張る力量に脱帽の満点評価です。

半落ち
半落ち
posted with 簡単リンクくん at 2006. 2.11
横山 秀夫〔著〕講談社 (2005.9)ISBN : 4062751941価格 : ¥620通常24時間以内に発送します。

<まるちゃんの青春時代のエッセイ。夢の実現とは諦めないこと>

さくらももこのエッセイは何年ぶりだろうか。確か1作目「もものかんづめ」以来だと思います。
相変わらず可笑しく、青春時代の初恋の話からマンガ家をめざす下りが語られています。
笑い、同感して、がんばろうと思うエッセイです。

ひとりずもう
ひとりずもう
posted with 簡単リンクくん at 2006. 2.19
さくら ももこ絵と文
小学館 (2005.8)
ISBN : 4093861528
価格 : ¥1,050
通常2-3日以内に発送します。

<なんと世田谷沿線小説。前向きにはなうたを歌いたい>

びっくりしたのは、世田谷沿線の人たちを小説にしているという点です。
その沿線界隈のお店とか、小説の中でちゃんと繋がっています。
老若男女8人の日常を描いているのですが、全体的に前向きな小説。
こういう小説がわたしは好きです。はなうたを歌っていたい、そんな小説です。

はなうた日和
はなうた日和
posted with 簡単リンクくん at 2006. 2.19
山本 幸久著
集英社 (2005.7)
ISBN : 4087747670
価格 : ¥1,575
通常1-3週間以内に発送します。


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

blog list

最近読んだ本

よしの最近読んだ本

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ダブル・ジョーカー 柳 広司
    やっくん
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    よし
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
  • 風の影〈上〉
    ゆこりん
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    リベ
  • シャドウ 道尾秀介
    よし
  • モノレールねこ 加納朋子
    よし
  • フィッシュストーリー 伊坂幸太郎 
    よし

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM