一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ひさかたぶりの同窓会に集まった男女たち。みんなもうおじさんとおばさんで、体力気力は落ち気味、介護や子供たちの就職にと心配の種もつきない。しかし、初恋の人に会えば胸がきゅんとし、同時代のテレビ番組、漫画、流行歌を思い出すと懐かしさに気持ちが温かくなる。幾つか新たな同級生カップルもできたが、その恋の行方は?熟年こその「希望」を求める50歳を過ぎた人々に、愛をこめて贈る同窓会小説。 【朝日新聞出版HPより】

この本を読んで思わず笑ったあなた。正真正銘のおじさんとおばさんかもしれません。
もちろんわたしも、笑いましたとも。老眼の進行、老化が進む頭やしわや、腹部など。もうメタボなどとは言ってはいられない、そういう世代なんですね。もちろん、わたしも例外ではありません。笑えないけど笑ってしまう。そんな同窓会小説です。

60歳を前に再会した小学校の同窓生男女6人。すでに子供は独立しているもの。家業を継いでいるもの。妻を亡くし、退職してボランティアに勤しむものなど。それぞれがそれぞれの生活を抱え、一生懸命に生きている。そんな時、あるパーティーで再会を果たし、一気に30数年前に戻って、若かったあの頃の秘めた思いや、恋心を再燃させてしまうというお話。

まあ、年齢を重ねるたびに、体力の衰えや気力の衰えは仕方ないとしても、恋心だけは失くさないものなのでしょうね。気力と一体のような気もしますが。恋に落ちたら、それぞれに現実があるわけだし、冷めてゆくのもいたしかたないですね。実際、自分はその年になって、そんな気力があるかどうか疑問ですが、恋ができるくらい心身しっかりしていたらなあとは思いますね。
しかし、最近の老化はとどめを知らず、進行している(笑)

平さん流のウイットが随所に感じられ、笑ってしまいます。もちろん、ラストも平さんらしいですね。さわやかさも感じられます。

各章のタイトルが「愛のプレリュード」「男の子女の子」「プレイバックPart2」「愛なき世界」「HELP!」「希望」と続いてますから、その年代の人たちには、懐かしさもありますよね。

何はともあれ、初老小説のこの作品は、シュールな笑いと同感と、思い出すのは、
「人は何のために歳を重ねるのだろう」(対岸の彼女より)という命題がちょっぴり分かったような気がします。
がんばって、歳とろうと思える小説かな。

家庭内の「明るい隙間」を描く傑作短編集。ネットオークションにはまる専業主婦、会社が倒産し主夫となった夫、ロハスに凝る妻に辟易する小説家の夫……など。あたたかい視点で描く新しい家族の肖像。第20回柴田錬三郎賞受賞作。【集英社文庫HPより】

久しぶりの奥田さんの作品ですが、笑いましたね。やはり奥田さんの作品はいいなー。今、この手のユーモア小説は、荻原さんか奥田さんのものですよね。奥田さんの方がアクは強い気がする。そこがまたいい。

いやー、面白かった。あっという間の一気読み。痛快な読書でした。奥田さんはやはり、上手いですね。この手の小説を書かせたら、ピカイチ。それは伊良部先生シリーズで証明されていますけど。
でもこの作家、ユーモア小説だけではないところがすごいのです。『サウスバウンド』『最悪』『ガール』など実に幅広い作風を持っておられます。そういうところは、これまた私の好きな荻原浩さんに良く似ておられますね。本当に面白いので、早く新刊出ないかと期待させてくれる作家さんです。前置きはさておき、内容ですね。

『サニーデイ』はネットオークションにはまる主婦の話。オークションで次々と不要なものは売りさばき、どんどんはまっていきます。やがて、夫の大事なものまでも、最後はホロリです。
『ここが青山』リストラに遭い、主夫業に専念することになった夫ですが、これがどうやら、合っていたよう。妻はこのときとばかり、働きにでます。こんな夫婦もありで、いいよなーと思える作品です。主婦業も楽ではないんだけど、家もいいでしょうと思えてきます。
『家においでよ』は妻が出て行ったあと、自分の部屋ができたと、次々と自分の好みに部屋を変えていく男の話。これまた、最後がいいんです。

などなど、ユーモアのセンスが実に良く、笑えるんです。ただ笑えるんじゃなく、最後はほのぼのときます。家もいいじゃないと働いているわたしにとっては思えてくるんですね。
そして、ネットオークションにはまる過程などから、あっ、ここにもわたしがいる。次々に自分の城を築いていく男の話などは本当にうらやましい生活だよなー。だからといって、今の生活に不満があるわけじゃなく(笑)。

誰もがふと思う日常の一端を、奥田さんは実に上手く話を作られますね。感心しました。
そして、皮肉。ロハスの生活を描く『妻と玄米御飯』には大笑いでした。こういう生活している人もいるんでしょうね。実に窮屈だよな。良かった興味がなくて。『グレープフルーツ・モンスター』は少しやりすぎかな。まあ、これはご愛嬌。
どの作品も実に面白い。

家っていいなーと本当に思える作品です。さあ、あなたはどのタイプ?奥田流在宅小説にはまってください。オススメします。

神去村の人たちはおっとりしている。彼らの口癖は「なあなあ」で、「ゆっくり行こう」「まあ落ち着け」など、いろんな意味に使われているが、語尾にも「な」がつくので、のんびりした感じになる。神去村には林業従事者が多く、百年単位んの作業をしているので、あくせくしてもしようがないと思っているみたいだ。俺は平野勇気。高校卒業式の後、俺の行き先は、担任の先生と母親に決められていた。この神去村で、林業の研修生として働くことになっていたのだ。ローカル線の終点の駅に出迎えに来てくれたのは、髪を金髪に染めたヨキというガタイのいい男だった。チェーンソーの使い方など教えられたところで、俺は「僂慮柩僉廚箸いΕ轡好謄爐留募者にされたのだと知った。しかし、「やっと神去村に若者が来た」と涙ぐんでいるおじいさんを前に帰るとは言えなかった。俺の山の生活が始まった。……。【徳間書店HPより】

高校卒業と同時に「緑の雇用」制度で三重県の神去村に放り込まれた平野勇気。
その村は林業を生業に暮らす山村。ここの口癖は「なあなあ」。つまり「ゆっくり行こう」。

林業とは恐れ入りましたね。都会から大自然の中に一人放り込まれた少年の成長譚というだけでは、収めないのがしをんさんの底力。
そこは、神隠しあり、神おろしなど不思議な現象。ダニや蛭などの攻撃。そして、山を信奉する村の不思議な祭事など。
そして、林業の今を知るのにも絶好の書ではないのでしょうか。
自然と向き合うことも教えてくれます。

村の人たちも実に個性的で特にヨキは最高。仕事には厳しいが女性にはだらしないという、お決まりと言えばお決まりなんですが、実にいいんです。
犬のノコも実に可愛いですね。
そして、あまりに人の少ない中での恋も。

なるほど、なるほどと頷きながら読みつつ、田舎が懐かしくもありました。
故郷の山々が懐かしいんだけど、私にとっては厳しいものとしか思えない面も。
山村が分かるだけに、複雑な作品でした。
これは、まったく個人的な境遇でしかありませんけど。

ともかく、おもしろい作品には間違いありません。ぜひぜひ。

小森谷芭子29歳、江口綾香41歳。ふたりにはそれぞれ暗い過去があった。絶対に人に知られてはならない過去。ふたりは下町の谷中で新しい人生を歩み始めた。息詰まる緊張の日々の中、仕事を覚え、人情に触れ、少しずつ喜びや笑いが出はじめた頃──。綾香が魚屋さんに恋してしまった! 心理描写・人物造形の達人が女の友情に斬り込んだ大注目の新シリーズ。ズッコケ新米巡査のアイツも登場。【新潮社HPより】

新作「すれ違う背中を」がシリーズものということを知り、焦って読んだ本がこれです。
予想外と言ったら、失礼ですが、良かったですね。
こういう話はなかなかないんです。記憶だけなら「繋がれた明日」真保裕一ぐらいかな。

ですので、非常に重い話だろうなーと思い、読んでいたのですが、そうでもないです。作者の筆致にもよるんでしょうが、この主人公のキャラが非常にいいからなんですね。
過ちを起こして、服役した二人。谷中に祖母の家をもらい(押し付けられ)、つつましく暮らしている。近所の目を気にしながら。
罪を犯した人たちが、社会に復帰することのむずかしさが描かれています。もちろん、家族との関係も。いたしかたないとは思うんですが、何だか考えさせられました。
この二人にとっての社会復帰は、困難ばかり。
綾香は恋した相手が詐欺師だったり、芭子の勤務先ではセクハラの上司だし。

何とも生きることのむずかしさを感じますね。
しかしながら、この作品を重たくしてないのは、近所との関係、特に大石老人が最高ですね。
かたや若い高木巡査も効いています。

起こしてしまった過ちを思い出したくなくても思い出し、縛られたくなくても縛られる。そんな芭子の生活の支えはムショ仲間の綾香。何事にも明るく前向きな綾香との関係が絶妙にいいんです。
その綾香の生活を垣間見たラストの話「すてる神あれば」はジーンときましたね。
いつしか、この二人を応援していたりして。

続編も楽しみです。



わたしたちの過去や現在の心の琴線にふれる名作です。

小夜子は現在の専業主婦の生活から仕事をしてみようとおもいつく。
求人募集を見、面接を受け、即、合格したのは同じ大学出身の同い年の女、葵が経営する会社だった。
二人は意気投合。小夜子も厳しいけれど充実した毎日を過ごす。そして葵との友情は育ってゆく。しかし、葵の過去を知ったとき、友情にひびが入ってしまう。 

現代の小夜子のパート過去の葵のパートが交互に描かれます。
小夜子のパートに「そうだ、そうだ」と相槌を打ち、葵のパートは切なく涙がこぼれます。

過去も現代も一つひとつがいつか経験したことや、私たちの現在とだぶり、胸に突き刺さってしまう。
わたしは角田版「女たちのジハード」かと思っていましたが大きな間違いであることに気付きました。

過去のパートで葵が育ててゆく友情はほのぼのと読者を誘い込みますが、カタルシスに突きつけられます。そして、過去と現代が重なって、小夜子と葵の友情にもカタルシスが…。
と、一筋縄ではいかない作者。なぜ小夜子の現代のパートを丁寧に描いたかが、ラストに繋がってゆくのです。

小夜子がこんちくしょうと自転車をこぐシーンでは元気をもらい、葵とナナコのアルバイトが終わって帰郷するシーンは切なさに胸が一杯になる。

人はなぜ年齢を重ねてゆくのかという大きなテーマもあります。いずれもラストにわかってきます。
いやー、良かった。いじめと友情、現代社会、希望、元気などいろんなテーマをちりばめたこの小説は紛れもなく、現在を代表する小説だと思います。

本当に欲をいえばですが、少し触れられる小夜子の過去がもう少しあれば…。しかし、これを書いていくと現代のパートが活きないんですよね。

秘密の場所、渡良瀬川の川岸から、空を見てみたいなー。どんな空が広がっているんだろう。

2009年吉川英治文学新人賞受賞作。

この作品、朝倉さんの出世作で話題作でしたね。なぜか、読まないで今まで来てしまいました。朝倉さんの作品は、一癖も二癖もある人たちの物語りかなと思っていたのですが、違っていました。
これは、面白い。そして、こんなに感動があるなんて。思い込みとは恐ろしいものだ。

四十歳になる男女五人はススキノのバー、チャオで、間に合わなかった「田村」を待っている。
待ちながらそれぞれの、過去にあった出来事と人たち。かけがえのない言葉と触れ合い。
「それにつけても、田村はまだか」

第1話「田村はまだか」で、田村の人物像が浮かび上がるんですが、強烈で。この田村という人物が5人の中に影響があるということが分かるんですね。
「どうせ死ぬから、今、生きてるんじゃないのか」
この言葉でやられました。

わたし短編作品集とばかり思っていたのですが、これ形は連作短編でした。それも驚き。
第2話「パンダ、全速力」の
「全速力で走れよ、きみ」にもやられましたが、
第3話「グンナイ・ベイビー」に参りました。
「……泣く子はいねが?」「わるさをする大人はいねが?」で押し寄せる感動と涙。でもこれだけではなかったです。

終わりに近づくにつれ、なぜ田村はこないのか分かるんですね。
この展開に思わず唸りました。うまいよ、朝倉さん。
ラストは、田村らしくてとんでもない感動なんですね。

やられました。朝倉かすみという作家さんを世に出した作品とは言え、これは読み継がれる傑作ではないですか。
いい作品です。今後も期待してます。

評価:
桜庭 一樹
角川書店(角川グループパブリッシング)

何と圧倒的な物語なのでしょう。
カバーデザインや挿絵が実に美しく、ページの本分も花飾りで飾られています。実に美しい本に仕上がっていますが、それとは裏腹に、中味は実に濃厚。
退廃的、官能的、背徳的、まったく予測不可能な一族の物語となっています。

大人の童話と見れば、実に桜庭さんの作品らしいですよね。
「1,2,3、悠久」で物語の幕が上がります。この四姉妹の母の美しさからなのですね。
美しさから一体どこにたどりつくのでしょうか。

その一族の何とも言えない背徳的な美しさ。
一族の歴史があり、歴史に片寄せる戦争があり、一族を流れる血が脈々と繋がれているところが、この作品の大きなキモかもしれません。
淡々と、童話的のように語られますが、何がどうして。童話などではありません。ドロドロ感が漂い、どこに終着するのか分からない展開です。

こうした物語に嫌悪感を覚えてしまうという気もしていましたが、その物語の力に圧倒。薄い本だとタカを括ってかからないように。
ここに桜庭さんの凄さがあります。
爽快感とは程遠い内容ですが、わたし、この物語憎めません。
作家の力で読ませる作品と見ています。

この世界、ぜひ、堪能あれ。

いやー、強烈に面白くて、ページを繰る手が止まりませんでした。まさにノンストップの面白さ。
止められなくて、寝不足になってしまいました。

この作品への思いは何とも複雑で、エリンと王獣リランとの、心を通わせるシーンに、まず泣きます。
誰も見たことのない野生の王獣を飼いならせていく、エリンですが、そこには親としてエリンを見ていたと思ったいたのですが、突然、凶暴な姿を見せます。そこが、またショックで。エリンも読み手も、ショックを受けるのですね。
音無笛を用い、リランを操ることを決意したエリン。そこには、人という生き物が王獣を支配することの難しさが描かれています。
もちろん、それだけではありません。

リョザ神王国の複雑な政治情勢は、必然的にエリンを巻き込んでいきます。何ものかが闘蛇を用いて、真王を襲撃するシーンは迫力満点。そこに、闘蛇が天敵としている、王獣が現れるシーンは爽であるとともに、獣と獣だけが感じる関係があります。そこには人間が決して介在することができないもの。弱肉強食という掟があるのですね。

政治の道具として、エリンは巻き込まれていきますが、リョザ神王国がなぜ、「王獣規範」で王獣を縛っていくのか、その秘密が最後に明らかにされます。そこにはこの国の不幸な成り立ちが隠されているのです。それは、まさに人間が人間を支配することが描かれているのです。そして、壮絶なラストへ繋がっていきます。
エリンとリランは心を通わせるのか。それとも獣の姿を見せるのか。

「王獣規範」では決してやってはいけない信じあう獣と人間。本当に最後まで、それができるのかとドキドキして読ませます。ラストに涙したのは、わたしだけかな。

凄い物語を読みました。しかし、嬉しいことに著者自身はもう書く気がなかったというこの物語の続編が出されていること。エリンとリョザ神王国のその後が描かれています。
読者が後押しした作品とも言えるでしょうね。
いや、とんでもなく凄い!

いろいろ、話題になっていたのですけど、やっと読みました。まずは、その序章。
わたし、ファンタジーは読まない(読めない)と思っていたのですが、これは、すっと入りこみました。というより、すごい作品を読んでいるのかもしれない。

リョザ神王国、闘蛇の医術師母と少女エリンは幸せに暮らしていたが、母は闘蛇の不審な死の責任を問われる。ここからエリンの苦難の人生が始まるのだが。

母への思いと、自分も獣の奏者となる決意。
そして、リョザ神王国をめぐる状況に巻き込まれてゆきます。

ファンタジーながら随所に泣き、エリンの勇ましさ。育ての親ジョウンの優しさにウルっときながら、別れが訪れるのだが、これまた涙。
「この世に生きるものが、なぜ、このように在るのかを、知りたいのです」。さらに、同じ境遇の王獣と献身的な介護。心を通わそうとするエリン。

闘蛇の奏者であった母と、王獣の奏者になろうとしているエリン。そして、リョザ神王国の二つの勢力にエリンの運命は翻弄されていくのですね。

いやー、すごい。この物語の凄さは読み終わらないと何とも言えないが、これだけは言えます。傑作の予感がします。ただし、これはすでに評判高いのでみなさん、分かっておられますよね。
まだほんの序章。2巻もさっそく購入してしまいました。

久しぶりの井上さんですね。この作家さんは、わたしにとって、気持ちよく読めるときと、合わない時の差が激しい作家さんです。
で、この作品はどうかというと…。
井上さんらしい、小説といっていいのではないでしょうか。
わたしは、なかなかいい作品だと思います。

内容的には、ある一時期に過ごした、男との体験。それは、不倫や一時的な欲望を、物を通して、浮かび上がらせるというもの。10の作品の中に、その時の葛藤や、感情が、そして、ある物を通して浮か上がる真実などが描かれていて、実にうまい恋愛小説ですね。そして、どれも恋の終わりを暗示
していて、この辺が実にうまいんです。
 
わたし的には、大学生のカップルの話の「手紙」が好きですね。
たまたま彼の部屋で見つけた「手紙」。それが別れに繋がっていく。相手は手紙だけなのですが、どうしようもない不安感に苛まれるんですね。別れはこういうものなんですよね。
「裸婦」は怖いですね。ホラーともいえる作品ですけど、これ、好きです。どうしようもないやるせなさと嘘を隠す主人公の心情が交差して、怖いです。

その他「犬」も面白い。夫の部下に対する愛情が犬を通して、浮き彫りになってきます。こういうところが実に繊細でうまいんだなー。事情を抱えた大人の短編集ですね。

タイトルも実に秀逸。
もう二度と食べたくないあまいもの。二度と食べたくない、恋愛や一時的な欲望や、甘い感情など。甘すぎて、ちょっぴり苦くて切ない恋物語。
実に繊細で、うますぎる作品集でした。


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

blog list

最近読んだ本

よしの最近読んだ本

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ダブル・ジョーカー 柳 広司
    やっくん
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    よし
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
  • 風の影〈上〉
    ゆこりん
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    リベ
  • シャドウ 道尾秀介
    よし
  • モノレールねこ 加納朋子
    よし
  • フィッシュストーリー 伊坂幸太郎 
    よし

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM