一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

JUGEMテーマ:読書
この作者さん、わたしは大好きで、ずっと読み続けている作家さんです。
本来なら、直木賞はとっくのとうに受賞されていてもなんら不思議ではない実力者。昔なら小役人シリーズそしてアマルフィーは映画の原作になるなど決して読んで損はしない作家さんです。さらに最近は時代小説も書いていらっしゃる。
そして、これは社会小説?

ジャンル分けするなど野暮というものですね。
東北の第三セクターはもりはら鉄道は、年間二億円の赤字路線。起死回生の策として、新幹線の伝説的なカリスマアテンダント、篠宮亜佐美を社長に抜擢する。しかし、赤字の体質に慣れ切ってしまっている社員は、やる気なし。県庁から出向している副社長は自分の身の保全しか考えられない。
さて、もりはら鉄道は再生することができるのでしょうか。ここが大きな話の柱ですので、その数々のアイデアは書いてはいけませんよね。

これだけではないのがエンターティメント作家の真保さんの凄いところ。もりはら鉄道の成功をじゃま立てするような事件が矢継ぎ早に仕掛けられます。これが後半のキモ。
さて、その真相とは?

鉄道再生の物語と思いきや、とんでもないところに話を引っ張られます。しかし、最後はちゃんと終着駅に。新社長のバイタリティーに周りの社員が引っ張られていく姿は痛快。元気が出てきます。
地域の発展こそが鉄道の発展。地域と共になんていう語句が並びます。今やかっこいいんですね。
地方自治の問題とも絡み合いながら、この会社は果たして再生できるのか。
ノンストップの特急小説です。
やはり、真保さんにはずれはありません。

  • -
  • 17:12
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

blog list

最近読んだ本

よしの最近読んだ本

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ダブル・ジョーカー 柳 広司
    やっくん
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    よし
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
  • 風の影〈上〉
    ゆこりん
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    リベ
  • シャドウ 道尾秀介
    よし
  • モノレールねこ 加納朋子
    よし
  • フィッシュストーリー 伊坂幸太郎 
    よし

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM