一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

小森谷芭子29歳、江口綾香41歳。ふたりにはそれぞれ暗い過去があった。絶対に人に知られてはならない過去。ふたりは下町の谷中で新しい人生を歩み始めた。息詰まる緊張の日々の中、仕事を覚え、人情に触れ、少しずつ喜びや笑いが出はじめた頃──。綾香が魚屋さんに恋してしまった! 心理描写・人物造形の達人が女の友情に斬り込んだ大注目の新シリーズ。ズッコケ新米巡査のアイツも登場。【新潮社HPより】

新作「すれ違う背中を」がシリーズものということを知り、焦って読んだ本がこれです。
予想外と言ったら、失礼ですが、良かったですね。
こういう話はなかなかないんです。記憶だけなら「繋がれた明日」真保裕一ぐらいかな。

ですので、非常に重い話だろうなーと思い、読んでいたのですが、そうでもないです。作者の筆致にもよるんでしょうが、この主人公のキャラが非常にいいからなんですね。
過ちを起こして、服役した二人。谷中に祖母の家をもらい(押し付けられ)、つつましく暮らしている。近所の目を気にしながら。
罪を犯した人たちが、社会に復帰することのむずかしさが描かれています。もちろん、家族との関係も。いたしかたないとは思うんですが、何だか考えさせられました。
この二人にとっての社会復帰は、困難ばかり。
綾香は恋した相手が詐欺師だったり、芭子の勤務先ではセクハラの上司だし。

何とも生きることのむずかしさを感じますね。
しかしながら、この作品を重たくしてないのは、近所との関係、特に大石老人が最高ですね。
かたや若い高木巡査も効いています。

起こしてしまった過ちを思い出したくなくても思い出し、縛られたくなくても縛られる。そんな芭子の生活の支えはムショ仲間の綾香。何事にも明るく前向きな綾香との関係が絶妙にいいんです。
その綾香の生活を垣間見たラストの話「すてる神あれば」はジーンときましたね。
いつしか、この二人を応援していたりして。

続編も楽しみです。



  • -
  • 15:47
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://tundoku-yoshi.jugem.jp/trackback/309

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

blog list

最近読んだ本

よしの最近読んだ本

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ダブル・ジョーカー 柳 広司
    やっくん
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    よし
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
  • 風の影〈上〉
    ゆこりん
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    リベ
  • シャドウ 道尾秀介
    よし
  • モノレールねこ 加納朋子
    よし
  • フィッシュストーリー 伊坂幸太郎 
    よし

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM