一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 みんなで、夜歩く。ただそれだけのことがどうしてこんなに特別なんだろう。並んで一緒に歩く。ただそれだけのことなのに、不思議だね。立ったそれだけのことがこんなに難しくて、こんなに凄いことだったなんて。
毎年行われる高校の行事、「歩行祭」。ただ昼夜を通して歩くというこの行事。高校三年最後の歩行祭がさまざま思いをこめ、スタートする。
甲田貴子は最後の歩行祭にある賭けをする。それは同級生、西脇融に対して持っていたものを打ち明けるために。果たして賭けは、成就するのか。

この小説は恋愛や友情、青春、成長などが網羅した素晴らしい作品です。
ただ歩くという団体行動が不思議な連帯感を呼び、夜歩くことが「告白」に導き、夜明けが「決心」を導きます。そしてゴールは「友情」で結ばれる。

何とうらやましい行事なのでしょうか。こんな行事があればいいなあと思ったのは私だけでしょうか。
そして、その中でさまざまな一人ひとりの思いが交錯します
西脇融の思いと甲田貴子の思いは人と人との友情や恋愛にも通じます。
お互い同じ感覚を持ち合わせた二人のわだかまりは、少しイライラしますが、ゴールに向かっていきます。

随所に名言もあり、そうだそうだ、あるいはそうだった。うんうんとうなづいてしまいました。
歩くということが人生を示唆し、今後の道をそれぞれが考えていきます。でも、ただそれだけではありません。
友情、恋愛をちりばめ、そして伏線として、謎を宿している。去年もいたという見知らぬ少年…。融へのラブレター。忍のデートの目撃などなど。

そして、ゴールに向かっていく。ラストはもどかしくもなりますが、ロック少年が気を利かせます。なんて素敵な友情。このシーンで涙してしまいました。
貴子は賭けを実行する。それは今後の自分の人生の賭けでした。思いと思いが交錯し、やっと本音で正直にお互いの気持ちを語り合う。

本当に「歩行祭」があったら、夜通し歩きたいそんな素晴らしい作品でした。しかし、恩田さんにしては異質の作品ですよね。
素晴らしい、青春小説の傑作です。

  • -
  • 09:36
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2010/11/30 6:20 PM

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

blog list

最近読んだ本

よしの最近読んだ本

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ダブル・ジョーカー 柳 広司
    やっくん
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    よし
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
  • 風の影〈上〉
    ゆこりん
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    リベ
  • シャドウ 道尾秀介
    よし
  • モノレールねこ 加納朋子
    よし
  • フィッシュストーリー 伊坂幸太郎 
    よし

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM