一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

<儚いけれど、揺るぎない家族という絆>

時間をこえて、遭遇する不思議な出来事。過去の思いが現在の自分に現われたとき、人はどんな思いになるのか。現実の中で失いたくないものと、「家族」という絆が主題の8つの短編集。

加納作品は久しぶりでした。「ななつのこ」や「魔法飛行」の初期の加納作品しか読んでいなかったので、どうかなと思って読んだのですが、良かったです。
こんなに切なくて、それでいて哀しみだけではなく、現在を前向きに生きる話、好きなんですね。読後も清々しいんですよ。

最初にある表題作の「モノレールねこ」は、家に現われたデブ猫。次第になつくようになるが、ある日、首輪があることを発見する。それから、首輪に手紙をつけてみる事に。そこから、見知らぬもう一人の飼い主との交流が始まるのだが。

「パズルの中の犬」はジグソーパズル好きの主婦が、ある日真っ白いパズルを買う事に。そのパズルから浮かび上がるものとは、幼いときに遭遇したあの光景。そこから、過去への回想が始まる。

「マイ・フーリッシュ・アンクル」は不幸な事故で家族を失った主人公。しかし、家族の中で残ったのは、毎日ごろごろしていた叔父さんのみ。二人の共同生活が始まるのだが、なぜ叔父さんがこの家に住み着くことになったのか。

特にお気に入りは「マイ・フーリッシュ・アンクル」です。不幸な事故で家族を失いますが、健気に頑張る主人公。グータラ叔父さんとの過去の思いを知ったとき、主人公共々、涙が出てくるんです。
まさにバカな叔父さん。しかし、そんな生き方を決して否定できないと誰もが思えてしまうんです。不器用なんだけど、そんな叔父さんが大好きなんです。ラストも爽快です。

すべての作品が粒揃い。日常の中で起こる不思議な出来事は、とっても切なく愛おしいものばかり。珠玉の短編集です。いつか読み返したい作品です。いいなあ、加納作品。
ぜひぜひ。

  • -
  • 22:25
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
こんばんは!
どの作品も切なくなる中に、温かさが溢れている気持ちの良い作品でしたね。
表題作「モノレールねこ」と「バルタン最期の日」がお気に入りです(動物モノに弱いんですよね(^_^;)
>エビノートさん
こんばんは。
そうなんですよ。どの作品も温かさがあるんですよね。
加納さんらしい優しさもあるし。
「バルタン」派の方、結構多いみたいですね。
  • よし
  • 2007/02/24 19:55





   
この記事のトラックバックURL : http://tundoku-yoshi.jugem.jp/trackback/239

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

blog list

最近読んだ本

よしの最近読んだ本

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ダブル・ジョーカー 柳 広司
    やっくん
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    よし
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
  • 風の影〈上〉
    ゆこりん
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    リベ
  • シャドウ 道尾秀介
    よし
  • モノレールねこ 加納朋子
    よし
  • フィッシュストーリー 伊坂幸太郎 
    よし

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM