一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

オンライン書店ビーケーワン:通天閣

<ゆっくりでええから、坂上ろう。通天閣が見えるから>

人と関わり切れない。壊れた時計に囲まれた生活。夢すらなく、ただ毎日、工場で働く男。恋人のマメと遠距離恋愛を余儀なくされ、スナックに勤める女。そんな二人に通天閣は優しく問いかける。

この作品でも、西さんは上手いことを痛感しました。関わりを避ける男と、恋人が去った後、「わたしたち別れたわけではない」と信じている女。そんな男と女の日常を、淡々と書いていきます。この手法は西さんお得意ですよね。これが、可笑しい。例えば、男がいつも行く、中華店。女の勤めるスナックの人々。
それは、けっして明るいものではなく、読んでいるうち、どうしようもない気持ちになっていくんです。どこまで落ちるのかという気分なんですね。

しかし、この男の中に、女の中に確かに自分がいるんですね。ぐうたらな男の生活や、
恋人と別れても信じている女の心の会話の中に。それだけ、この会話が印象的。大阪弁も効いています。

ふたりの日常が積み重なった、ラストは二人がいつも見ている通天閣。この時、二人の人生がシンクロします。そして、事実が分かるんですね。巻き込まれた事件に、
会話が実にいいんです。そうきたか!と膝を打ち、なぜか涙がこぼれている。
まんざら、人生も捨てたもんじゃないと思えてくるんです。

本当に、西さんの手腕にやられましたねー。
通天閣に上って恋人と別れた傷心の女に。スナックのママが励まして言うんです。
「ゆっくりでええから、坂上ろう。綺麗な通天閣が、見えるから。いつか、この高みから、いつかの自分を、見下ろせる日が来るから」
それを聞いて女は思うんです。「ガラスが汚い。この窓拭きたい」と。きっと涙でガラスが曇って見えないんですよ。
上手いですねー。こういう描写。
窓を拭きたいというのは、前段があるんですよ。ちゃんと、つながっている。

この二人の人生の続きが読みたい。どうシンクロするんでしょうか。きっと、男は時計に囲まれ、女は寂れたスナックに働いているんでしょうね。
【筑摩書房/時計時計時計時計

  • -
  • 21:03
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
よしさん、こんばんは。
そうなんです。そうきたか!っていうラストの出来事。
心が温かくなる、いいお話でしたね。
通天閣に上ってスナックのママが言う台詞も
ちょっと胸に、感じるものがありました。
>藍色さんへ
ラストが本当に良かったですね。
二人がここで…って感じでした。
本当に西さんは上手いと感じました。
  • よし
  • 2007/02/12 18:53





   
この記事のトラックバックURL : http://tundoku-yoshi.jugem.jp/trackback/232

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

blog list

最近読んだ本

よしの最近読んだ本

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ダブル・ジョーカー 柳 広司
    やっくん
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    よし
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
  • 風の影〈上〉
    ゆこりん
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    リベ
  • シャドウ 道尾秀介
    よし
  • モノレールねこ 加納朋子
    よし
  • フィッシュストーリー 伊坂幸太郎 
    よし

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM