一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

評価:
有川 浩
アスキー・メディアワークス

とある小劇団「シアターフラッグ」――ファンも多い劇団だが、現在は解散の危機が迫っていた……お金がないのだ!! その負債額300万円! 劇団員も減り解散の危機に悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。兄に借金をして劇団は助かったが、司は巧たちに「二年間で劇団の収益からこの300万を返せ。できない場合は劇団を潰せ」という「シアターフラッグ」には厳しい条件を出す。
新星プロ声優・羽田千歳が加わり一癖も二癖もある劇団員が10名に。そこへ鉄血宰相・春川司を迎え入れ、巧は新たな「シアターフラッグ」を旗揚げるが……。果たして彼らの未来は――!?【メディアワークス文庫HPより】

まずまず、メディアワークス文庫って、どういうものと思い、若干、疑心暗鬼になって手に取った本です。おまけに有川浩さんの書き下ろし。結局買ってしまいました(笑)
恐るべき、有川浩効果。

実はこの作品、あとがきにもありますが、実際の劇団を題材(ネタ)に描かれた本です。ですので、結構、リアルな描写もあります。詳しいはずだ。
お話は、あらすじのとおり、いきなり負債300万円を抱えた劇団に、主宰巧の兄、後に鉄血宰相司に泣きつくというもの。2年で300万を返せ!ダメなら解散という厳しい条件を突き付けて、10人に減った劇団が再生していくというもの。減った理由は、負債もさることながら、プロの声優・羽田千歳が入団したことも影響があります。

徐々に、再生に向けてのプロジェクトが始まります。看板女優として、羽田千歳をメインにすること。お金のかからない、脚本、宣伝。そこには、劇団という職業の困難さや、裏方の努力がわかりました。こういう小説、好きです。

内容も徐々にはまりました。何より、鉄血宰相の司がいいですね。弟と劇団を愛するあまりの冷酷無比の条件。そして、ノウハウを尽くした宣伝。これこそプロですよね。徐々に劇団員が本気になっていくというものハマりましたね。
司が冷たく、言い放つ言葉が実にいいんですね。たとえば…、
「人間が何かをあきらめるのに必要な条件とは何か?全力でやって折れること」

当然、小説はそんなにうまいこと行かないのが定番。順風満帆に見えた公演も、思わぬアクシデントが。道具がない!
ここは羽田千歳の見せ場ですね。元々、劇団員とギクシャクしていたんですが、完全に溶け込んだシーンでした。
そして、最終日にまたもやアクシデント!

なるほどそうきたか。うまいこと行くわけないよな。でもなぜか爽快なんですよ。
胸キュンはありませんでしたが、この劇団シアターフラッグはどうなるのか、すごく気になります。
メディアワークス文庫やりますね。そして、この続編希望します。

1

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

blog list

最近読んだ本

よしの最近読んだ本

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ダブル・ジョーカー 柳 広司
    やっくん
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    よし
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
  • 風の影〈上〉
    ゆこりん
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    リベ
  • シャドウ 道尾秀介
    よし
  • モノレールねこ 加納朋子
    よし
  • フィッシュストーリー 伊坂幸太郎 
    よし

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM