一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 みんなで、夜歩く。ただそれだけのことがどうしてこんなに特別なんだろう。並んで一緒に歩く。ただそれだけのことなのに、不思議だね。立ったそれだけのことがこんなに難しくて、こんなに凄いことだったなんて。
毎年行われる高校の行事、「歩行祭」。ただ昼夜を通して歩くというこの行事。高校三年最後の歩行祭がさまざま思いをこめ、スタートする。
甲田貴子は最後の歩行祭にある賭けをする。それは同級生、西脇融に対して持っていたものを打ち明けるために。果たして賭けは、成就するのか。

この小説は恋愛や友情、青春、成長などが網羅した素晴らしい作品です。
ただ歩くという団体行動が不思議な連帯感を呼び、夜歩くことが「告白」に導き、夜明けが「決心」を導きます。そしてゴールは「友情」で結ばれる。

何とうらやましい行事なのでしょうか。こんな行事があればいいなあと思ったのは私だけでしょうか。
そして、その中でさまざまな一人ひとりの思いが交錯します
西脇融の思いと甲田貴子の思いは人と人との友情や恋愛にも通じます。
お互い同じ感覚を持ち合わせた二人のわだかまりは、少しイライラしますが、ゴールに向かっていきます。

随所に名言もあり、そうだそうだ、あるいはそうだった。うんうんとうなづいてしまいました。
歩くということが人生を示唆し、今後の道をそれぞれが考えていきます。でも、ただそれだけではありません。
友情、恋愛をちりばめ、そして伏線として、謎を宿している。去年もいたという見知らぬ少年…。融へのラブレター。忍のデートの目撃などなど。

そして、ゴールに向かっていく。ラストはもどかしくもなりますが、ロック少年が気を利かせます。なんて素敵な友情。このシーンで涙してしまいました。
貴子は賭けを実行する。それは今後の自分の人生の賭けでした。思いと思いが交錯し、やっと本音で正直にお互いの気持ちを語り合う。

本当に「歩行祭」があったら、夜通し歩きたいそんな素晴らしい作品でした。しかし、恩田さんにしては異質の作品ですよね。
素晴らしい、青春小説の傑作です。

オンライン書店ビーケーワン:三月は深き紅の淵を

<幻の本をめぐる4つの物語>

多数の方にオススメいただいた本です。
いわゆる三月シリーズというそうで、様々な作品とリンクしています。

この世に七十部しか存在しないという匿名作家の私家本『三月は深き紅の淵を』。人に貸すならただ一人、たった一晩だけという奇妙な条件がついた、「幻の本」をめぐる4つの物語。「三月は深き紅の淵を」という本の内側とこれをめぐる外側の本書。入れ子の構造が謎を呼びます。

結局、どれが本当の『三月』なのかがよく分からなくなるのです。この本自体が「三月」ですし。
恩田陸さんは小説、物語、本が本当に好きなんだなと伝わってきます。だって、冒頭からロアルド・ダールの映画にもなった名作からだもの。
そんな恩田さんが仕掛けた罠と迷宮の世界をぜひ、堪能してください。

恩田さんの、読書遍歴も分かったような気がして、すごく嬉しい気分にもなれます。恩田さんは、小説、物語をとっても愛しているんですねー。

第1章が英国風ミステリー、第2章がロードノベル、第3章が本格ミステリ、第4章はSF仕立てなのですが…。個人的には第2章と第3章が非常に好みです。
ただし、わたしは第4章の結末というか分かりませんでした。もう少しストレートに教えて下さいよ。理瀬の物語は独立してもいいのでは。
その解決編は別の作品に繋がっているらしいいのだけれども。
第4章が納得いかないのです。

はたして、「三月は深き紅の淵を」の存在とは。そうあるんでしょうねー。しかし理瀬との関係は何なのでしょう。
どなたか教えてください。第3章からは一気読みでした。
ずるいです、上手すぎます、恩田さん。
【講談社文庫/読書読書読書

<いわゆる三月シリーズの幕開けはこれ。教えていただきました【8月19日】>
かみさまの贈りもの〜読書日記〜のゆうさんから教えていただきました。
麦の海に沈む果実」は「三月は深き紅の淵を」という作品の後、読んだ方がいいみたいです。どうやら紹介していただいたサイトを見ると、三月シリーズだということ。いろんな作品が相関関係にあるのだと。
なるほど、これは知りませんでした。
教えていただいたゆうさん、ありがとうございます。「三月は深き紅の淵を」から読み進めたいと思います。
読んだ皆さんによる、相関関係情報をお待ちしています。

<待ちきれずに購入。楽しみな1冊>
近所の書店のポイントカードが満杯になったので、すかさず購入したのがこの作品です。
下の通り、その後も各書評、本読みのみなさんが絶賛されています。
各書評でこんなに引き込まれる本とは、そう読めるものではありません。
さっそく読む事にしたのですが、途中やめになった作品もあるので、辛いなあー。
本当に濫読なわたしです。

<恩田版、ガラスの仮面(5月1日)>
いつもネットでお世話になっている、ゆこりんさんのブログ「のほ本♪」でも絶賛された作品です。
昨日の「週刊ブックレビュー」でも書評家、北上次郎さんも絶賛。素晴らしい演劇小説、オーディション小説らしい。もっともこういうジャンルがあるのかどうかわからないが。
息詰まる展開に引き込まれるとか。あー、読みたい。

オンライン書店ビーケーワン:チョコレートコスモス

【他のブロガーさんも絶賛】
ついてる日記
まったり読書日記

オンライン書店ビーケーワン:ネクロポリス 上

<モットーに並び立つ陛下に栄えあれ!>
死者が現われる土地、V.ファーで起こる連続殺人、そして「ヒガン」という不可思議な儀式。従姉妹たちと死者と出会うというアナザーヒルを訪れた、ジュン。そこでは数々の不思議なことが起こる。さらに連続殺人も加わり、自分の特殊な能力に気付くジュンだった。

最初は読むのが辛い作品でした。あまりにもSFっぽいのです。
わたしはどうもSF嫌いなもので。
異世界アナザーヒルで遭遇する、数々の奇妙な出来事も引いてしまいました。

しかし、中盤に差し掛かって以降、ぐいぐい読ませます。そこは、恩田さんのストーリーテーリングの上手さですよね。最後の黒婦人との語らいで依頼される奇妙なこと。何て引っ張り方が上手いんだろう。
そして、連続殺人の謎。あちらとこちらを守るラインマンの存在。
謎を散りばめ、下巻に突入ですが、当分先になる予定。
このままでは忘れてしまいそうです。

<懐かしい故人と再会できる聖地(4月28日)>
恩田陸さんの「ネクロポリス・上」の予約が回ってきました。
新作「チョコレートコスモス」の評判が非常にいいので、これは流してしまいそうなのですが…。
しかも上下巻のこの厚さに、少し引き気味。
しかし、5月のゴールデンウイーク明けが返却なので頑張って読まなくてはです。

1

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

blog list

最近読んだ本

よしの最近読んだ本

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ダブル・ジョーカー 柳 広司
    やっくん
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    よし
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
  • 風の影〈上〉
    ゆこりん
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    リベ
  • シャドウ 道尾秀介
    よし
  • モノレールねこ 加納朋子
    よし
  • フィッシュストーリー 伊坂幸太郎 
    よし

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM