一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 <ミステリーの金字塔。オールタイムの大傑作>

傑作というか、現代ミステリーの金字塔と言っても過言ではないでしょう。今回、再読してみましたが、とても16年前の作品とは思えないほど、ミステリーの仕上がりと、経済、社会小説の融合。そして、人間ドラマの完璧さ。どれをとっても凄い。
とりわけ、犯人に迫る迫力は筆舌に尽くしがたいものです。そして、何より犯人の貌が現われない怖さ。やっぱりどれをとっても完璧な作品です。

遠い親戚から失踪した女性の捜索を頼まれる、休職中の刑事。捜査が進めば進むほど、とんでもない事件の匂いに巻き込まれる。そして、カード社会と弱者に対する冷酷な仕打ち。被害者と加害者の境目などどこにもなく、被害者も加害者も自分なのだと思えてくるから不思議。

16年前とそんなに変わっていないですね。むしろ、ひどくなっているのでは…。そういう意味では、この小説は今の社会を冷静に見つめなおすためには必読なのでは。

そして、随所に宮部さんらしい優しさがにじみ出ています。
智や保に救われたような気がしますね。

それから、読み返してみると、松本清張さんにかなり影響されていますよね。宮部さん自身、アンソロジーを編んでいますので、否定できないところだと思います。東京、宇都宮、大阪、伊勢、名古屋、犯人を追い詰めいていく、まどろっこしさとたどり着くまでの過程。これ『砂の器』ばりでしょう。そして、随所に清張作品の影響と思われる箇所が…。

いやー、凄い。再読してわかりました。これは、オールタイムのミステリーです。宮部みゆきの渾身の大傑作という思いは変わりません。

評価:
宮部 みゆき
角川グループパブリッシング

ある事件を境に心を閉ざした17歳のおちかは、神田三島町の叔父夫婦に預けられた。おちかを案じた叔父は、人々から「変わり百物語」を聞くよう言い付ける。不思議な話は心を溶かし、やがて事件も明らかになっていく。【角川書店HPより】

元々、百物語という副題からも期待をしていたのですが、その期待は全く裏切られませんん。何より、宮部さんは百物語を書こうとしているんです。その思いが、まずすごい。

おちかが三島屋の叔父と叔母にのところにやってくるんですが、その理由が明らかにならないんですね。ただ、心を閉ざしたまま。遮二無二、働くんです。そんなおちかに、ある日、叔父から客の接待をを言い付かるんですが、それがおちかの心を少しずつ開かせるきっかけになるんです。
そして、荒療治ともいえる、百物語こそがおちかの心を取り戻す唯一の治療と判断した叔父。一人ずつ、屋敷に呼んで不思議な話を聞かせることに。
この件が、もうぞくぞくものなんですね。宮部さん、あなたは何と小説を知り尽くしているんですか?

第1話「曼珠沙華」では、仲の良かった兄弟が、ある事件をきっかけに離れ離れになるのですが、だんだん弟の心に兄を疎ましくなっていくんですね。方や、兄のほうは弟に会いたい。そして、そんな兄が現れる場所が‥。1話目ですでに、引き込まれてしまいました。
第2話も怖いです。鍵のない錠まいの鍵を頼まれる、鍵師。しかし、その鍵を手にしたとき、次々と不幸が降りかかる。そして、多大なお金と引き換えにその家に移り住んでくれと頼まれ、住んでみるのだが‥何もない。しかし‥。
第3話「邪恋」は徐々に自分の過去を見つめていくおちかが、事件を語っていきます。これは、泣かせます。というより、人間の心にあるちょっと思いがずっとずっと尾をひいている、おちかに涙なんですね。
第4話「魔鏡」。これが一番怖かった。してはいけないこと、しかし、どうしようもないこともzる。
そんな姉弟が一家を滅ぼすという話。怖いです。

最終話は、何と、これまでの話がつながっていきます。連作短編集だったのか。
おちかの成長が涙もの。
そして、この章で、この話が次につながるという伏線をいろいろ作っていらっしゃるんです。うまい、うますぎます。早く次の話が読みたい。
不思議話を語る話し手と聞き手のおちかの絶妙な語りと、文章。これだけでも凄いと思える作品です。
おちかの心にこの物語たちはどんな影響を与えるんでしょうか。
謎の人物、登場した人物とのさらなる逸話など、もっともっと読みたい。

本当にすごい作品です。これはほんの序章に過ぎないとは。百物語は宮部さんのライフワークになってしまいましたね。楽しみです。
この作品は、本当に怖いのは人間の心なんですね。ゾクゾクする傑作です。

1

PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

blog list

最近読んだ本

よしの最近読んだ本

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ダブル・ジョーカー 柳 広司
    やっくん
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    よし
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
  • 風の影〈上〉
    ゆこりん
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    リベ
  • シャドウ 道尾秀介
    よし
  • モノレールねこ 加納朋子
    よし
  • フィッシュストーリー 伊坂幸太郎 
    よし

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM