一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

IN
評価:
桐野 夏生
集英社

小説は悪魔ですか。それとも、作家が悪魔ですか?かつて小説家の緑川未来男は、愛人の存在に嫉妬した妻の狂乱を『無垢人』という小説で赤裸々に書いた。そして今、小説家の鈴木タマキは、己自身の恋愛の狂乱と抹殺を『淫』という小説に書こうとしていた。『無垢人』と『淫』を繋ぐ、「○子」とは誰か?やがて「○子」は、書く人と書かれた人と書かれなかった人々の蠢く小説の此岸の涯へ、タマキを誘っていく。【BOOKデータベースより】

この作品は少々複雑でした。まず、主題の作品は「無垢人」という作中作。作者は緑川未来男。その愛人と妻の関係を描いた作品で、これは緑川本人の半生を描いたとものです。その作品に出てくる、愛人○子について、小説家のタマキが探っていくんですが。

そして、その半生と自分の恋愛とをつなぐ「淫」という小説に書こうとしているんですね。資料を集め、関係者との話を聞きだしていくんですが、それが自分の恋愛と重なっていきます。
当然ながら、タマキ自身も編集者とダブル不倫関係にあります。そうした、恋愛の泥沼からどう決着をつけていくのか。いわゆるこの作品のテーマになっている「恋愛の抹殺」について、提起されているんですね。

タマキ自身の決着は、決して自分ではどうすることもできないものだったんですが、彼が現れた時に、涙でしたね。そして、そっと送り出すタマキの姿にも。

そんな少々複雑な作品でありながら、結構はまって読んでしまいました。
さて、作中作「無垢人」のモデルは島尾敏雄「死の棘」。わたしは未読なんですが、こちらも読んでみたくなりました。しかし、こちらも私小説なのでかなり壮絶。体力、気力が充実していないと、無理かな。この作品以外にも、作品の中に林芙美子のこともちらっと出てきますが、こちらはもうすぐ発売される「ナニカアル」を読めばきっとわかるはずです。

さて、この小説、「恋愛の抹殺」というのがテーマとはなっていますが、緑川の愛人と妻、タマキの愛人との関係など、どう抹殺されるかよりも、人間の心にある、「淫」、「隠」、そして基となる「因」について、考えさせられる作品でした。外に向かう小説ではなくまさに「IN」ですね。
決して気分が晴れるわkでもなく、清々しい結末があるわけでもないのですが、人間とは、男と女とは何かを考えさせてくれる小説でした。

桐野夏生さんはどこに向かうのかなー。新作も楽しみです。

オンライン書店ビーケーワン:魂萌え!

<喪失から再生へ。人との出会いが人生を変えていく>
敏子は59歳。夫隆之は風呂場で急死。その後、夫が残した携帯電話から、愛人がいたことがわかる。さらに、息子はこの機会にアメリカから帰り、同居を迫る。たった一人、残された敏子の選んだ道とは。

500ページ弱の厚い本も、結構、すんなり楽しむことができました。
意外な桐野作品に、本当にびっくりです。内容も非常に面白い。夫の急死とともに、発覚する愛人。裏切りと喪失感、さらに孤独感。頼りにしていた息子達も財産のことしか目がいかない。
途方にくれる敏子は4日間の家出をしてしまう。家出先は何とカプセルホテル。それがこれからの人生における第1歩。

ずっと、息子と娘を育て、夫隆之に尽くしてきた敏子にとって、自分の生活を守ることが自分の役目と思っていたのですが、初めて世間の荒波に飛び出すことになります。カプセルホテルでのフロントマン、夫の交友から入ったサークル、愛人との確執など出会いとそうした関係の中から、今後の自分を見出していくんです。

人との出会いから感じる新鮮さや、人への憎しみや嫉妬。
59歳にして知ることになります。そうしたことを経験する敏子は、精神的にもたくましくなり、美しくなっていきます。

敏子が数ヶ月間で経験することは決して、楽しいことではありません。苦しいことばかりですが、出会いが敏子を変えていきます。桐野さんは、そんなに世間は甘いものじゃないという現実を淡々と書き、まだまだ人生捨てたもんじゃない、これからだということをこの作品でいいたいのだろう。

主人公敏子が59歳にして、自分を探し、活き活きと生きていく姿勢がじわりと感動を呼びます。
本当に思い通りの人生にはならないし、素晴らしい人生と余生は待っていないかもしれない。
それがわからないから、主人公敏子に共感するのだろうと思います。
あなたが敏子だったらどう生きますか?
それを桐野さんは、問いたかったのかもしれません。

新聞に発表された作品ということもあり、犯罪を描いたものではありません。しかし、淡々と描くリアルこそ、桐野さんの真骨頂かもしれません。
ぜひぜひ、読んでみて欲しい1冊です。

<ショコラさんから再びブックバトンが回ってきました(5月13日)>
「鬼でも負ける宗教勧誘」のショコラさんからブックバトンが回ってきました。今回で2回目です。
お回しするのも、なかなかむずかしいので、今回はわたしだけの回答にさせてください。

【Q1.持っている本の冊数】
自宅におよそ450冊、田舎に200冊、計650冊。
引越しにより、泣く泣く、何とか50冊を処分しました。

【Q2.今読みかけの本】
はい、この作品です。桐野夏生さんの意外な一面のこの作品。
59歳にして夫が急死。途方にくれる主人公。子ども達も自分のことばかり考えている中、自分の将来と生きがいを見出す物語。
これはいいです。
年齢層によって、違うんでしょうけど、わたしは年齢層で買いの1冊。
面白いし、どんどん精神的に変わって行く主人公に、前向きな気持ちになる1冊。
後、残り半分です。(つづく)

<ささやかな日常からの再生と希望の物語(5月3日)>
やっと、回ってきました。半年待ち!
しかし、このゴールデンウイークで読めるかどうか。
内容は、60歳を前に夫を亡くした妻の、再生と希望の物語らしい。
桐野さんらしくないとは思いつつ、やはり、読みたい。
しかし、相変わらずの超多忙中!!

1

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

blog list

最近読んだ本

よしの最近読んだ本

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ダブル・ジョーカー 柳 広司
    やっくん
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    よし
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
  • 風の影〈上〉
    ゆこりん
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    リベ
  • シャドウ 道尾秀介
    よし
  • モノレールねこ 加納朋子
    よし
  • フィッシュストーリー 伊坂幸太郎 
    よし

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM