一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

家庭内の「明るい隙間」を描く傑作短編集。ネットオークションにはまる専業主婦、会社が倒産し主夫となった夫、ロハスに凝る妻に辟易する小説家の夫……など。あたたかい視点で描く新しい家族の肖像。第20回柴田錬三郎賞受賞作。【集英社文庫HPより】

久しぶりの奥田さんの作品ですが、笑いましたね。やはり奥田さんの作品はいいなー。今、この手のユーモア小説は、荻原さんか奥田さんのものですよね。奥田さんの方がアクは強い気がする。そこがまたいい。

いやー、面白かった。あっという間の一気読み。痛快な読書でした。奥田さんはやはり、上手いですね。この手の小説を書かせたら、ピカイチ。それは伊良部先生シリーズで証明されていますけど。
でもこの作家、ユーモア小説だけではないところがすごいのです。『サウスバウンド』『最悪』『ガール』など実に幅広い作風を持っておられます。そういうところは、これまた私の好きな荻原浩さんに良く似ておられますね。本当に面白いので、早く新刊出ないかと期待させてくれる作家さんです。前置きはさておき、内容ですね。

『サニーデイ』はネットオークションにはまる主婦の話。オークションで次々と不要なものは売りさばき、どんどんはまっていきます。やがて、夫の大事なものまでも、最後はホロリです。
『ここが青山』リストラに遭い、主夫業に専念することになった夫ですが、これがどうやら、合っていたよう。妻はこのときとばかり、働きにでます。こんな夫婦もありで、いいよなーと思える作品です。主婦業も楽ではないんだけど、家もいいでしょうと思えてきます。
『家においでよ』は妻が出て行ったあと、自分の部屋ができたと、次々と自分の好みに部屋を変えていく男の話。これまた、最後がいいんです。

などなど、ユーモアのセンスが実に良く、笑えるんです。ただ笑えるんじゃなく、最後はほのぼのときます。家もいいじゃないと働いているわたしにとっては思えてくるんですね。
そして、ネットオークションにはまる過程などから、あっ、ここにもわたしがいる。次々に自分の城を築いていく男の話などは本当にうらやましい生活だよなー。だからといって、今の生活に不満があるわけじゃなく(笑)。

誰もがふと思う日常の一端を、奥田さんは実に上手く話を作られますね。感心しました。
そして、皮肉。ロハスの生活を描く『妻と玄米御飯』には大笑いでした。こういう生活している人もいるんでしょうね。実に窮屈だよな。良かった興味がなくて。『グレープフルーツ・モンスター』は少しやりすぎかな。まあ、これはご愛嬌。
どの作品も実に面白い。

家っていいなーと本当に思える作品です。さあ、あなたはどのタイプ?奥田流在宅小説にはまってください。オススメします。

オンライン書店ビーケーワン:町長選挙

<無理して生きることの馬鹿馬鹿しさ。伊良部先生、健在>

伊良部シリーズ第3弾。相変わらずの伊良部先生の下を訪れる、悩める患者さん達は各方面の有名人のそっくりさんばかりの悩める方々。こんな方々です。
「オーナー」…プロ野球のワンマンオーナー。しかし、マスコミの前に出るとパニック障害に陥る。
「アンポンマン」…IT企業の社長はひらがなが思い出してもでてこない。
「カリスマ稼業」…有名女優は、自分の若さを崩さないために日々、エクササイズ。
「町長選挙」…表題作は伊良部先生が離島に赴任。そこは町長選挙の真っ最中。そんな島を二分する選挙に出向している青年が板ばさみ。伊良部先生も当然巻き込まれる。

いやー、面白い。あっという間の至福の時間でした。笑って笑って、なるほどとうなずきき、どこかで現実の中で疲れきっている自分もいたりして。そう思うと、伊良部先生の言葉が響いてくるんですよね。
オーナーには「リタイヤすればいいじゃない」カリスマ女優には「太ったらいいじゃない」。文字を思い出せないIT企業の社長は保育園でカルタとりをさせる。
「町長選挙」では棒倒しで決着を図る。まさに伊良部先生、自然体なんですよね。自然体で賄賂ももらってしまいますが…。

一番笑ったのは「アンポンマン」かな。パソコンの使いすぎでひらがなが分からなくなる。といっても、笑ってばかりではいられません。こんなことありますよねー。ひらがなじゃなく、漢字はしょっちゅう思い出せないことがあるんですよね、わたし。そんなパソコン依存のあなたが読むと身につまされるのでは。相当な皮肉がこめられているんですよね。

看護師のマユミちゃんもパワーアップ。お色気はもとより、患者や先生さえも平気で金盥を落とすんです。相変わらず、貴重なキャラ。マユミちゃんで救われる事もあるんです。

非常に面白い。現代人が読むべき処方箋かも知れません。教えてくれるのは、無理して生きる事のばかばかしさ。伊良部先生の自然体こそ、わたし達が最も必要な事なんですよね。
いやー、今回も癒されました。
【46冊目/文藝春秋/イヒヒイヒヒイヒヒイヒヒ

【コメント&TBをいただいたブロガーさん】
みかんのReading Diary♪
ナナメモ
itchy1976の日記
かみさまの贈りもの〜読書日記〜
じゅずじの旦那
m's box

すべての女性に「これって、私のこと!」と言わしめた爽快ベストセラー
生涯一ガール。結婚しても、仕事してても。
わたし、まだオッケーかな。ガールでいることを、そろそろやめたほうがいいのかな。滝川由紀子、32歳。仕事も順調、おしゃれも楽しい。でも、ふとした時に、ブルーになっちゃう(表題作)。ほか、働く女子の気持ちをありえないほど描き込み、話題騒然となった短編集。あなたと彼女のことが、よくわかります。【講談社文庫HPより】


<30代。OL。文句ある?>

30代のOLを主人公にした5つのストーリー。おしゃれ、将来、結婚、子どものこと、また会社で働くことについて揺れるOLたちを活き活きと描く。

本当に奥田さんの引き出しはいくつあるのでしょう。「マドンナ」で40代の会社で働く男たちを書き、今度は何と30代OL。
思いのほか、現代の30代OLを描いていると思います。と、いっても男の立場から見ると、よく分からないのですが…。奥田さんが書いたというのがすごい。

おしゃれやこの年代の彼女達の気持ちなど、よくもまあ、ここまで書けるなあと感心する事しきり。何でも奥田さんは女性ファッション誌しか資料にしていないのだとか。てっきり、OLに取材をおこなったのではと思っていました。それだけ鋭いんです。

ここで描かれるOLたちは、仕事、家庭、子ども、ライバル、結婚などで悩んでいます。奥田流のさまざまな人間に注がれる細やかな愛情が、会社の中での彼女達にも注がれています。あるときは切れたり、またあるときはライバルに自分と同じものを見つけたとき。奥田さんが彼女達を活き活きと描いています。そして皆がみな、とっても元気で可愛い。女性のみならず、男性も見習わなくてはいけないとそう思います。何で男性はくたびれているのでしょうね?
そして、万事が解決ではないのですが、最後は何かしら、元気が出てくる。
人間って決して捨てたものではないし、会社というものもまんざらでもないと思ってくるから不思議。

奥田さんは、雑誌「ダ・ヴィンチ」のインタビューで40歳、30歳と書いてきたので20歳の新人もとの質問に、「ルーキー」も悪くないといわれていました。
ぜひ三部作、実現して欲しいなー。

とにもかくにも、奥田さんが描く会社小説は読ませる。「マドンナ」と対比しながら読み進める事をオススメします。

<アローンだがロンリーではない。野球を追いかける紀行エッセイ>

この作者の初のエッセイを読み終えました。
面白かったです。野球が大好きなんですね、この作者。
野球場が好きで、必ず、映画館とマッサージをするという作者の姿が垣間見れて嬉しくなります。そして、小説の作風と悩みも出てきて、作家というのも大変だなーとつくづく思いました。

そんな作者が好きなのが野球。野球好きのわたしとしては、これは随所にうなづける場面あり。そして、わたしのご当地、広島もあり、これは本当にいいエッセイです。

意外だったのは奥田さんって意外(失礼)とオシャレなのですね。
野球シーズン間近。いい時期にいいエッセイを読むことができました。
ああ、わたしも野球を追いかける旅をしてみたい。そう思います。

そして今年も球場に足を運ばなくてはとそう思う絶妙の作品です。
「泳いで帰れ」「港町食堂」も読まなくてはなのです。

野球の国
野球の国
posted with 簡単リンクくん at 2006. 2.26
奥田 英朗著光文社 (2005.3)ISBN : 4334738419価格 : ¥500通常24時間以内に発送します。

1

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

blog list

最近読んだ本

よしの最近読んだ本

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ダブル・ジョーカー 柳 広司
    やっくん
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    よし
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
  • 風の影〈上〉
    ゆこりん
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    リベ
  • シャドウ 道尾秀介
    よし
  • モノレールねこ 加納朋子
    よし
  • フィッシュストーリー 伊坂幸太郎 
    よし

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM