一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

<僕の孤独が魚だとしたら>

「動物園のエンジン」…夜は動物園で眠り、朝はマンション建設予定地に向う不思議な男。
「サクリファイス」…山田という男を探すため、黒澤は小暮村に赴くのだが、そこは不思議な風習がある村だった。
「フィッシュストーリー」…乗り合わせた飛行機はハイジャックに巻き込まれてしまう。そこで現われる一人の男。
「ポテチ」…今村と大西は、尾崎というプロ野球選手の家に盗みに入る。そこで、鳴る電話。

まあ、何というかレビュー泣かせの作品です。新刊だけに、あまりネタバレになることは、なるべく控えたいのですが…。それにしても、すでにあちこちで書かれているとおり、過去の伊坂作品を読まれた方は、ニヤリとすることでしょう。あの作品のあの方がこんなところに出てくるなんてと。
本当に嬉しい一冊であることは間違いないと思います。
それに、あの話がと思われるところも随所にあります。
ということで、この作品集は、過去の伊坂作品を読んでいれば数倍楽しめると思います。
さて、一つずつの作品については、どれもが伊坂さんらしいものとなっています。これも読んでからのお楽しみですね。

わたしが好きなのは、表題作の「フィッシュストーリー」ですね。伊坂作品の全てが詰まっていると思います。現在と過去が時空を超えて結びついていく、お話なんですけど、これがいい。
時代に追いつけない、売れないミュージシャンの最後の叫び、
「この曲は誰かに届くのかなー」
これではっと気付かされます。

ある人とめぐり合ったとします。「過去のある日、同じ時間に同じ場所にいたんだー」とかってことなかったですか。そして、それは一つの出来事で引き寄せられた。そして、まためぐり合ったのも同じ理由だなんて。偶然の中の必然とでもいうのでしょうか。人と人との出会いや結びつきって、こういうものかもしれませんよねー。
本当にそう思ってしまうから不思議です。

随所に伊坂さんらしさを感じつつも、不満も少し、インパクトに欠けるといったら贅沢でしょうか。
十分に楽しめる一冊である事には違いありません。

オンライン書店ビーケーワン:砂漠

<もう、そろそろと思うのだが、今回も難しいのでは?>
今回もまた直木賞候補作にエントリーされましたが、さていかに?
わたしはこれだけの常連だけに、もうそろそろとは思います。
しかし、出版社を考えると難しい?のではとも思います。
まだ小ぶりかなとも思ってしまうのですが。
作品自体は、折り紙つきの秀作。しかし、わたし的には、「アヒルと鴨」級の傑作をそろそろ期待しています。さて、いかに。

<その気になれば、砂漠に雪を降らすことだってできる>
北村、鳥井、西嶋、南、東堂、大学で出会った友人達が、おりなす事件とその友情。伊坂流青春ストーリー。

伊坂幸太郎「砂漠」を読み終えました。
相変わらず、上手い。最初の章から最後の章までちゃんと繋がっています。それぞれが独自の短編なんですけどね。
わたしの失敗はこの作品のネタバレ部分を先に読んでしまったことです。
なんということをしたのだ!こんなに悔いが残ったことはありません。

特に西嶋は特筆。個性的なんですよね。特に音楽、平和(麻雀)好き。
そして努力家。破天荒。憎めないキャラ。
もちろん、その他の主人公の北村や鳥井、南、東堂もそれぞれの個性が際立っています。北村の恋人鳩麦さんまで。みんなが輝いている。

春から秋にそして、春に。彼らの過ごした青春時代とは、一体なんなのでしょう。春の出会い、夏の事件、秋の転回、冬の結末、そして春の別れと希望。うーん、この構成がまた上手い。
伊坂作品だけにもう中味は触れない方がいいのかもしれません。

それぞれの青春と友情を堪能してください。もちろん、推理小説的要素も十分。
だが、しかしわたしの失敗はもっとも大筋のネタバレを見てしまったことです。冬の章までいった時、やられたと思います。
新年度のスタート。そんな時、読めて幸せな本かもです。
伊坂さん、できれば、またその後を書いて欲しいなー。
【28冊目/4月2日/実業之日本社/雪雪雪

オンライン書店ビーケーワン:ラッシュライフ

<ビーケーワンさん、ありがとうございます>
気まぐれに書評をビーケーワンに投稿してみました。
な、なんと、今週のオススメ書評に取り上げられました。
内容は↓の感想と一緒です。
最初の作品で取り上げられましたので、調子に乗って立て続けに4本投稿したのですが…。どうなることやら。
とりあえずは3000ポイント(1ポイント=1円)頂きました。
さっそく、次の本を探すわたしです。
ビーケーワンさん、ありがとうございますヘ(*^o^*)ノ 。

<このカバーが好きだ!(6月7日)>
先日、書店のジグソーパルズのコーナーで見つけたのが、「エッシャーの騙し絵」。
これは…、「ラッシュライフ」ではないか。思わずジグソーパズルを買いそうになりました。
「ラッシュライフ」の単行本の表紙はこの騙し絵なんです。
このラッシュライフの内容がが騙し絵なんですね。絶妙のカバーだとわたしは思います。しかし、文庫本のカバーは???です。
昨年読んだのですが、以前のものを再掲させていただきます。↓

<2005年9月1日/★★★★>
文庫も出版されていますが、やはり親本を。それは表紙にもエッセンスが詰まった作品だからです。表紙はエッシャーの騙し絵。この絵のごとく、読者をまんまと騙す(?)伊坂さんはすごい。そして第1作「オーデュボンの祈り」ともリンクしています。

傲慢な画商、こだわりをもつ泥棒の黒澤、リストラで途方にくれ、野良犬と町をさまよう豊田、お互いの配偶者を殺そうとするサッカー選手の青山とカウンセラーの京子、新興宗教の教祖の解体に立ち会わされる河原崎。5つの物語が進んでゆく。

この小説は小説だからこその可能性を引き出した作品。
誰もが他人の人生を生活を垣間見てみたいと思っているのではないでしょうか。もし、それができたら。
小説ならできるんですね。それもこの表紙のように俯瞰したように。

人と人との出会いや偶然の出来事、そして同じ景色を見て感じること。それぞれの心を覗いてみたい。そんな欲望に見事に応えている作品だと思います。

もう一つは小説ならではの時間差なのです。もうここまで書いた時点でネタバレですけど。すっかり騙されました。
実は時間差でつながっていたなんて。
ここまで読者を欺く作家はここ数年いないと思います。

そして5つの話が実に面白い。泥棒の黒澤とリストラにあった豊田が良いんですよ。実は一緒にさまよう野良犬が一番好きだったりして。動物に対する愛情も感じざるを得ません。優しいんですよ、伊坂さんは。しかし、人間には伊坂さんのテーマともいえる「善と悪」が書かれています。
本当に面白い。ここまで書ける作家伊坂さんのファンにすっかりなってしまいました。ただ一つの注文は…中間あたりで繫がりがわかってしまうことかな。

さあ、散りばめられた伏線を堪能してください。騙されてください、不思議絵のように。そしてピースがはまっていくような快感に浸ってください。そんな伊坂作品に出会えて本当によかった。

オンライン書店ビーケーワン:陽気なギャングの日常と襲撃

<強盗は、相変わらず四人いる>
「陽気なギャングは地球を回す」の続編。四者四様の事件に始まり、相変わらずの銀行強盗。そしてそれだけでは当然済まされない事件に巻き込まれる四人組み。さて、結末は…。

成瀬、響野、雪子、久遠の四人の独立した短編から始まります。どれもそれぞれ味があって、これだけでも秀作。特に私が好きなのは、響野と雪子の編。
響野が関わる事件は、飲んだらまるっきり覚えていない友人。そんな友人が朝起きると、女性の影と書置きが…。その謎の究明を手がけます。
雪子の事件は(この編がとっても好き)、派遣会社で働く鮎子の下に届けられる一枚のチケット。その相手と何のためにかを探る物語。これがとってもいいんです。何よりこの短編を生かしているのが、ご存知、雪子の特技。人間体内時計。劇場のオーナーに取り入るために仕掛ける時間当て勝負。分かっているんですけどねー、はまるんです。そして、この編の結末もとってもいいんです。

そしていつもの強盗へと続くんですねー。短編がしっかり繋がって、それぞれ意味を成している。しかし、響野と久遠の会話は絶妙です。
笑ったシーンのご紹介。
一つは新聞の販売員にばけて誘拐犯のところに、乗り込む久遠。誘拐犯から「何新聞?」と聞かれ
「恐怖新聞」と答える久遠。吹き出してしまいました。

もう一つはカジノからの脱出でダミーで待ち受けるのは、何故か柔道着の面々。「そりゃ、ないでしょー」と感じつつ、想像したら本当に可笑しくって、大笑いでした。こうした遊びは、やはり伊坂さんならではですねー。
この四人組に再び出会えてとてもしあわせです。

ストーリーは前作の方が良かったような気がしますが、いつもの四人プラス、脇の人たちの健在ぶりと相変わらずの小道具が効いています。きっちり続編です。リーダー成瀬の鮮やかな(?)結末をお楽しみに。
これは、読むしかないです。さあ、はまって下さい。
【祥伝社/お金お金お金

<到着しました。三たび、ありがとうございます(5月15日)>
トラキチさんからの加点クイズの当選賞品が届きました。
本当にネットの楽しみが、現実に届くなんて。
不思議な感覚に浸り、ネットと本の楽しみを再確認できました。
これからもよろしくお願いしますね、トラキチさん。

<トラキチさん、重ね重ねありがとうございます(5月11日)>
ついに出ましたねー、陽気なギャング2。
タイトルは「陽気なギャングの日常と襲撃」。
以前にも書いたとおり、まだ1を読んでいないので、まずは1から読みたいと思います。予約をしたのですが、もう待ってはいられない。
そして2は、トラキチさんのブログのクイズで当選。
もうすぐ送っていただく予定です。
本当にありがとうございます。嬉しいです。

オンライン書店ビーケーワン:陽気なギャングが地球を回す

<ロマンはどこだ>

演説の名人、人間嘘発見器、スリの名人、体内時計を持つ女。そんな4人組ギャングが繰り広げる、ハチャメチャなエンターティメント。

映画化もされるのもうなづけるつくりですねー。一言でいうなれば、うまい。はなから映画化も想定されたつくりではないのかと思えるほど、展開が速い。

わたしが感心したのは微妙な時間差を描く手法です。つながり方が絶妙です。
この4人組が襲う冒頭の章。わたしが好きなのは、響野の演説。強盗とは何の関係もない、演説が人質(聴衆)を魅了していくのがなんとも可笑しくって。
本当に変なギャング団。さすが、伊坂さん。特殊な能力を持つ4人組の活かし方が絶妙です。脇にもいろんな伏線が張られており、本当にうまいです。
この4人組の会話がまた、絶妙。
この4人組が起し、巻き込まれる事件に、引き込まれること間違いなしの作品です。

めちゃくちゃなんだけど、この4人組に妙な説得力もあったりして。随所に伊坂さんの優しさを感じる作品です。
この作品を読んだら続編を期待するのも無理はないかな。
またこの4人組に会いたい気がしつつ、続編に向います。

銀行を襲う前の響野のいう「ロマンはどこだ」
いやー、何ともかっこいいなー。
映画も見に行きたいし、だめならDVD化されたら絶対、買うことになるような作品です。
笑いながら、安心感に浸って読める1冊です。
【36冊目/祥伝社文庫/お金お金お金

<トラキチさん、ありがとうございます(4月27日)>
以前UPした、トラキチさんの第4回新刊グランプリ加点投票の結果発表がありました。
結果はまた後日。その加点投票と同時に実施されるクイズに、なんと当選してしまいました。賞品は5月に発売される伊坂さんの「陽気なギャングが地球を回す2」。
1は残念ながら未読なので、即効予約を入れることにしました。
楽しみです。

本当にトラキチさんありがとう。

【この作品を取り上げているブロガーさん】
のほ本♪
かみさまの贈りもの〜読書日記〜
かいくんの読書日記+α
ぱんどら日記

オンライン書店ビーケーワン:魔王

<第4回新刊グランプリ加点投票、マイベスト第2位>
トラキチさんの活字中毒日記!。第4回新刊グランプリのマイベスト第2位はこの作品です。
「魔王」。伊坂さんの新境地?と思わせる作品ですよね。
この兄弟、本当にいいなーと思えてしまった作品です。
メッセージ性も多分にあり、近未来の日本の姿かと考えてしまいました。
安藤兄弟のようになりたいものだと強く思った作品です。
↓は2月20日UPのものです。

<洪水の時、水に流されない、立ち尽くす1本の木になりたい>
伊坂幸太郎の「魔王」を一気読み。
いやー、面白かったです。現代の日本が抱える情勢について、伊坂さんのメッセージが込められているような気がする。
わたしも安藤兄弟のようになりたい。ただし、特殊な能力はありませんが。
(2月20日)

1

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

blog list

最近読んだ本

よしの最近読んだ本

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ダブル・ジョーカー 柳 広司
    やっくん
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    よし
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
  • 風の影〈上〉
    ゆこりん
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    リベ
  • シャドウ 道尾秀介
    よし
  • モノレールねこ 加納朋子
    よし
  • フィッシュストーリー 伊坂幸太郎 
    よし

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM