一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

意外や意外、久保寺さんの今までの作品からは想像できない、リアリティ。
少しファンタジーがかかった作品が多かったのですが、この作品はそれがなかったですね。久保寺さんの新境地といったところでしょうか。
わたしは、買いです。面白かった。

この作品集は、「はじめて」がテーマ。
10代から60代までの初めての経験を、滑稽に少し感傷的に、描いているところがミソでしょうか。
そんな6編の短編集。内容は、
(20代)新米の先生が担任を任され…「先生一年生」
(30代)四歳の娘が一人で公園に出かけたいと言い出し、それを守る父親…「はじめてのおでかけ」
(40代)運動会で負傷した息子の代わりにリレーのアンカーを務めることになる…・「ラストラ40」
(50代)異動してきた佐久間さんがなぜか気になる。事情があるというが…「彼氏彼氏の事情」
(60代)はじめて、山歩きのサークルに参加。何と遭難!?…「ある日、森の中」
(10代)母親の入院の間、伯父と一緒に暮らすことに。そこで教わったもの…「さよならは一度だけ」

どれもが「はじめて」の体験です。「先生一年生」の空回り。「はじめてのおでかけ」の親バカぶりに笑ってしまいました。どれも、颯爽たる気持ちにはなれないけど、一生懸命さがすごくいいんですね。
一生懸命さでは「ラストラ40」。リレーのアンカーですものね。なぜ走るということは置いといて。ちゃんとライバルもいたりして。良かったです。
はじめてだけに、その一生懸命さが伝わってくるんですね。

最後の話の「はじめて」は小学生にはきついかな。でも誰もが一度は経験することなんですけどね。あまりいい気持ちにはなれなかったなー。

はじめてだけにね、最後は「開けゴマ」の心境なんですね。「ええい、くそ」なるようになるんです。
覚悟をきめて、一生懸命になる時、道が開けることもあるんですよね。
一生懸命にやればね。そんな気持ちにさせられた作品でした。
久保寺さん、やりますねー。

面白かったです、これ。

と、いうより中盤から、一転、重い内容になっていくところが、秀逸。決して絵空事ではない、あり得る話だから、怖いとともに、主人公の苦悩と立ち直りと姿勢に結構はまってしまいました。


長距離ランナーとしての天賦の才を持って生まれた岡崎優。高い能力と努力を重ねて、スポーツで有名な大学に入学する。しかし、まったく自分のことのみしか考えられない。仲間もできず、先輩からは疎んじられていると言う状態。目指すは自分の名声のための箱根駅伝出場。しかし、家族の事件から状況は一変する。


この主人公、岡崎優がなんともいけすかない奴で、どうもなじめないんですよね。

周りに溶け込もうとせず、自分ひとり生きてきた。決して、同調しないという自らの殻を壊せない、壊そうともしない奴で、腹立たしいんです。

親と言えば、父親は箱根駅伝で棄権したという過去で、二男の優に、スプリンターの道しかないという英才教育家。結構な資産家で、BMWなんかで練習に送ってくれるという、なんだかな〜と言う感じなんです。


ついでに母親のことも書きますが、こちらは長男溺愛。甘美な容貌、頭脳明晰。

医者を目指し、勉学に励んでいるというせていが、前半書かれます。

あらすじにも書きましたが、あることから(これは書けません)、家族の状況が一変し、崩壊。

そして、ある事実に気づき、挫折を味わんですね。

それもちょっとやそっとの挫折ではなく、自分の存在意義さえも考えてしまうという。


そこからスプリンターの道をあきらめ、箱根駅伝では唯一の友人岩ちゃんのサポートに回るんですね。

そこからが、見せ所でしょうね。二人三脚で練習に取り組む姿勢と育まれる友情。そして、本番。

もちろん、緊迫感と臨場感もあり、スポーツ小説としても秀逸だと私は思う。


この作者、特定の職業をモデルにした小説が実にうまい。「県庁の星」「Lady,Go」など。

その作風から、この作品で変わった気がしますね。

新作も結構だされているので、読んでみたい気がする。いつか、「県庁の星」に続く大ヒットの予感がします。

ともかく、この異色スポーツ青春小説を読んでみてください。一気読み、必至の作品です。

 
桶狭間でなぜ信長は勝つことができたのか?信長の遺骸は?秀吉の「中国大返し」はなぜ可能だったのか。真相を探るため、謎の女、多志に導かれ、太田牛一は阿弥陀寺、本能寺、丹波を結ぶ闇へと足を踏み入れる。歴史ミステリーいよいよクライマックスへ。【BOOKデータベースより引用】

さて、下巻です。前半の謎の提示が良すぎて、後半の謎の解明は少し、トーンダウンかな。

全ての謎が、解けていきますが、信長の遺骸以外は、ありかな。というより、いろんなところで、そういう説もありと聞いているので。

信長の遺骸は、これはこれしかないと思うんですね。まあ、本能寺ににあれだけ少ない人数での護衛だったのかというのも謎ですけど。ただ、織田家の家系も絡める所が、この作者の独自性かな。


多志とともに、丹波を訪ね、真相が分かるくだりから、また一気読みでした。

全て、秀吉の陰謀説が占めていますね。

分からないでもない。


一番の驚きは、安土城の天守閣ですね。暦と関連付けているのが、斬新で。信長なら、そこまで考えていたかも知れないな。これは、目にウロコでした。

いろんな謎が一気にとは、いかないまでもある程度、解けていきます。

その解ける過程が、この作品の一番のキモかもしれません。

ただ、作者の言いたいことは十分伝わってきました。


ラストで、織田の目印、木瓜が無残に抜き取られているのと、「権力者の嘘まじりの手柄話を書くのは、もうこりごりだ」と牛一はいいます。

まさしく、作者の書きたい本当の意味があると思いました。

が、なかなか、読ませる秀作とおもいました、わたし。

この手の読み物に興味がある方、ぜひぜひ。

あの小泉純一郎元首相が在任中に感銘を受けた本として、一躍有名になった作品です。

なんと内容は歴史小説と思いきや、歴史ミステリーでした。

本能寺に倒れる直前、後に「信長公記」を記した家臣太田牛一に、信長は5つの棺を託す。安土城下を抜け、西に向うも佐久間に囚われてしまう。その後、秀吉に、信長の伝記を執筆することを条件に牛一は助け出される。 なぜ、中国で苦戦していた秀吉が自分を助けることになるのか。頼ろうとした柴田は?そして、明智は?囚われの身のなっていた牛一は理由がつかめない。そして、最大の謎、信長の遺骸はどうなったのか。そして、信長の伝記を描き続けた今、秀吉も死地に向かおうとしている。

いやいや、いろんな謎が一気に提示されます。まず、5つの棺は何か。信長の遺骸はどこに?光秀はなぜ、暗殺をほのめかすような連歌を作ったのか。桶狭間の合戦で信長はなぜ勝つことができたのか?などなど。ちょっとてんこ盛りすぎるのではと、感じてしまいますね。

上巻は牛一が信長の家臣となって、託された棺、本能寺の変から秀吉の醍醐の大花見会に招待されるまでを描いています。信長の伝記を作るという使命により、各地を調査に回るという探偵役なんですね。いわば、太田を探偵役としつつ、作者自身が探偵となっている手法です。

合戦シーンや極めつけの印象に残るやり取りは、ないんです。ただ、信長の謎を冒頭からちりばめて、上巻はその謎の提示ながら一気読みしてしまいました。牛一は言います。「奇跡とは必ず裏があるもの。歴史とは強者の作り話に過ぎない」
そうした、牛一の言葉がこの作品の全体を作っているのですよね。

謎は解明されず、下巻に向かいますが、さてさてどうなるのでしょうか。早く読めば良かったな〜、これ。なるほど、おもしろい。

 

<儚いけれど、揺るぎない家族という絆>

時間をこえて、遭遇する不思議な出来事。過去の思いが現在の自分に現われたとき、人はどんな思いになるのか。現実の中で失いたくないものと、「家族」という絆が主題の8つの短編集。

加納作品は久しぶりでした。「ななつのこ」や「魔法飛行」の初期の加納作品しか読んでいなかったので、どうかなと思って読んだのですが、良かったです。
こんなに切なくて、それでいて哀しみだけではなく、現在を前向きに生きる話、好きなんですね。読後も清々しいんですよ。

最初にある表題作の「モノレールねこ」は、家に現われたデブ猫。次第になつくようになるが、ある日、首輪があることを発見する。それから、首輪に手紙をつけてみる事に。そこから、見知らぬもう一人の飼い主との交流が始まるのだが。

「パズルの中の犬」はジグソーパズル好きの主婦が、ある日真っ白いパズルを買う事に。そのパズルから浮かび上がるものとは、幼いときに遭遇したあの光景。そこから、過去への回想が始まる。

「マイ・フーリッシュ・アンクル」は不幸な事故で家族を失った主人公。しかし、家族の中で残ったのは、毎日ごろごろしていた叔父さんのみ。二人の共同生活が始まるのだが、なぜ叔父さんがこの家に住み着くことになったのか。

特にお気に入りは「マイ・フーリッシュ・アンクル」です。不幸な事故で家族を失いますが、健気に頑張る主人公。グータラ叔父さんとの過去の思いを知ったとき、主人公共々、涙が出てくるんです。
まさにバカな叔父さん。しかし、そんな生き方を決して否定できないと誰もが思えてしまうんです。不器用なんだけど、そんな叔父さんが大好きなんです。ラストも爽快です。

すべての作品が粒揃い。日常の中で起こる不思議な出来事は、とっても切なく愛おしいものばかり。珠玉の短編集です。いつか読み返したい作品です。いいなあ、加納作品。
ぜひぜひ。

オンライン書店ビーケーワン:ワイルド・ソウル 上オンライン書店ビーケーワン:ワイルド・ソウル 下

<歴史に埋もれた事実に涙。文庫化されました>
ぱんどらさんのぱんどら日記から、旧blogの方にTBをいただきました。この場をかりて返信とお礼をさせていただきます。
この作品、いつの間にやら文庫化されていたのですね。
これほど、前半と後半が違う作品も珍しい。特に前半の移民生活のくだりはは涙なくして読めません。
後半は痛快、復讐劇になっていきますが…。いい作品です。どうやら垣根さんの新作「ゆりかごで眠れ」もこの流れの作品のようですが。
垣根さんの作品も注目ですね。
↓の感想は旧blogから持って来ました。

<2005年2月12日>
いやー、長い。上下2段500P超。久々の長編にぐったり。でも、心地よい爽快感がある作品でした。垣根さん、好きな作家になってしまいそうです。この作品でブレイクしたと思います。今年、傑作の予感がする作家さんです。

1960年、日本の移民政策により、ブラジルに生活をかけ移住する日本人達。開墾して農地を作る。そこには、豊穣な大地と希望が詰まっているはずであった。しかし、その現実は過酷な気象とやせこけた赤土の大地。さらに、風土病。政府の宣伝とはかけ離れたものだった。そして、次々死んでゆくのだった。生き残った者とその子どもが復讐を誓う。その最初の試みは外務省襲撃。緻密に準備していた計画、そして実行。
そこで一人の女性、貴子に近づく。日本政府の非を裏打ちするために、放送局の女に手を出したのだ。そして、次の復讐が始まった…。

ブラジル移民たちの悲惨さに思わず涙。そうした、過去に埋もれていく実態があったことを痛感しました。
一人ひとりが際立っています。主人公のケイが特筆もの。
さまざまな過去の伏線も見事。すべてがそこに収まっていきます。
もう一人の主人公貴子が現れたときから、急展開。ノンストップで一気読みでした。この貴子、本当にいいです。残念なことは、追うものの人物造詣が今いちだったこと。秋津管理官がいい味出しているんですが、さらっと流されています。
それをさしひいてもこの作品はすごい。本年度私が読んだベスト1候補間違いなしです。限りなく5つに近い、★★★★☆

1

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

blog list

最近読んだ本

よしの最近読んだ本

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ダブル・ジョーカー 柳 広司
    やっくん
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    よし
  • 静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
  • 風の影〈上〉
    ゆこりん
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    ゆう
  • 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    リベ
  • シャドウ 道尾秀介
    よし
  • モノレールねこ 加納朋子
    よし
  • フィッシュストーリー 伊坂幸太郎 
    よし

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM